完全無料で英会話が上達

先生と生徒

プロジェクト2020は、もはや口コミでも評判なので知っている人も多いでしょう。スマートフォンがあれば簡単に無料で英会話を勉強できるサービスで、インド式英会話のグロービッシュを簡単に学ぶことができます。実はグロービッシュはたった1500語だけで英会話を成り立たせる「非」ネイティブの英語で、今まで英会話が苦手だった人ほど話せるのが早いと評判です。1日1フレーズ、10分からでもいいので、とにかく聞いて実際に声に出してみるのが学習方法です。応用が利くので、単語を入れ替えればすぐに会話ができるようになっていて、とてもシンプルなので誰でも簡単に勉強が進められるのです。コーチング型教育と言われていますが、苦手意識がなくなるだけでスムーズに英語が話せるようになるでしょう。

プロジェクト2020のコーチングをしているのがサチン・チョードリーさんという人物ですが、口コミでもよく見かけるようにこの人がすごい人です。1973年、インドニューデリーの生まれで、M&Aアドバイザリーの会社の代表取締役会長で数多くの書籍も出版している有名人です。TV出演も多数ですが、幼少期に親と日本に来たのがきっかけで、インドはもちろん、日本やアジアで事業をたくさん成功させた実業家となりました。サチン・チョードリーさんが発起したのがプロジェクト2020ですが、日本人が英語を喋れないのは単に苦手意識があるからだと考え、話すことに主眼を置いたのが特徴です。英語を話すのが特別なことではなくなるまでどんどん話し、自然に口から出るようになるまで繰り返し練習しましょう。

プロジェクト2020は、とにかく英語のSPEAK OUTを中心にコーチングが展開しています。つまり、どんどん口に出して話すことが大事で、これがサチン・チョードリーさんの提唱する非ネイティブの英会話上達法です。現在サチン・チョードリーさんは日本語もペラペラですが、子供のころや若いころに日本に来た時には言葉の壁で苦しんだそうです。そんな人が壁を乗り越え、その乗り越え方を教えてくれているのですから、今まで苦手だった人でもトライしてみる価値があるでしょう。何より無料なのがうれしいですし、覚えるべき単語の数もかなり少ないのがメリットです。今さらテキストを広げて英語の勉強をはじめたくない、でもある程度自由に話せるようになりたいという人にはまさにピッタリでしょう。サチン・チョードリーさん自身も口コミでとても人気が高いですから、そんな人に教えてもらって、是非プロジェクト2020でしっかり英語を話せるようになりたいですね。